びおハウスを知ってね♪
ブログ毎日更新中!
イベント情報♪
フェイスブック始めました♪
外張り断熱

構造のこだわり --地震に対する考え方 --

日本で住まいづくりを考える時に抑えておきたいポイントは、「耐震」と「シロアリ」ではないでしょうか。

特に東日本大震災以降、「地震に対する考え方」を聞かれることが多くなりました。

今の新築住宅は建築確認により一定の耐震基準をクリアしているかがチェックされます。

この基準は、右の年表にあるように、大きな地震がある度に改正を重ねてきました。

現在の基準は1981年6月に施行された「新耐震基準」が基になっており、その主旨は次の通りです。

・震度5レベルでは建物が壊れない

・震度6弱レベルでも建物がすぐ倒壊せず、
中にいる人の安全が確保される。

この新耐震基準で建築された建物は、M7レベルの地震でも倒壊はほとんど報告されていません。

耐震基準には等級が3段階設けられています。

等級1:建築基準法のレベル
等級2:建築基準法レベルの1.25倍
等級3:建築基準法レベルの1.5倍

等級3は、災害発生時の避難場所と同じレベルの強さを持つ建物です。このレベルまであれば安心ですね。

ただ、ここで誤解しないでいただきたいのは、この等級は任意だということ。
第三者機関である住宅性能評価機関による検査を経て表示するというものなので、表示がないイコール耐震性が低いということではありません。

大切なのは、その建物がどんな構造でどのくらいの強度があるのかということ。地震大国である日本に住む以上、 建物の構造を理解し、地震に備えることをおススメいたします。

次に、地震に対する対策についてお話いたしましょう。

この絵のように、地震に備えるための構造は大きく3つあります。

オザキ建設が建てる家は、 建築基準法による耐力壁のおよそ1.5倍以上は確保します。さらに気密性を高める目的もあって、建物の床・壁・屋根、全ての外周に構造用合板を張り、さらに2Fの床も全面構造用合板を張り、全てを面構造にしてしまいます。このことにより、強固な耐震構造が出来上がるので、弊社では耐震構造をおススメしています。また建物を腐らせないことや基礎や地盤をしっかりつくることが重要だと考えています。

地震の被害報告は、「建物の倒壊」より「家具による圧死」の方が多くあります。

耐震にした場合は、建物自体は揺れますので、室内の家具類を固定したり、造り付けの家具をご提案するなどしております。

構造のこだわり --シロアリに対する考え方 --

「地震」による被害のように甚大な被害をもたらすことはないとは言え、日本での家づくりに欠かせないのは「シロアリ対策」です。

シロアリの通り道を蟻道(ぎどう)といいます。直接空気に触れない土や木の中はそのまま食い進んでいきますが、風や光に触れ続けると死んでしまうという性質があるので、外気に触れるような場合は土や砂でトンネルを作って進みます。 また、一般に毒性があると思われているコールタールを使った蟻道が報告された事例もあるそうです。このように、シロアリはとても多様で、生態など未だによく分かっていないことがあります。

この対策として、現在弊社では、「シロアリとの関係をうまく処理できる工夫」として、基礎の外断熱の上部に「蟻返し」を施工しております。
(「蟻返し」の具体的な施行方法は、施行途中の現場や弊社にてご説明いたします)

この方法は、シロアリの生態に詳しい専門家からも「有効な手段です」という評価をいただいております。

ヤマトシロアリは、昔から日本に広く生息していました。そして、もともと日本家屋は床が高く、風通しがよく、ヤマトシロアリと上手に共存できる家でした。しかし、最近の日本でよく建てられている家はその逆を目指しています。

この地域のシロアリ被害は、ヤマトシロアリによるものが多く報告されています。また、南の暖かい地域ではイエシロアリの被害も報告されています。

しかし、シロアリは目がありませんから「この家を食べよう」と目指して建物に被害を与えているわけではありません。もともとシロアリがいたところに人間が家を建てて、たまたま通りかかったシロアリが建物を食べてしまったということです。

シロアリは、私達の身近な土の中に当たり前に生息しています。そしてシロアリは、ずっと昔から、枯れた木を食べて分解し土に戻すという役目を担っている益虫です。「森のそうじ屋さん」なのです。シロアリのおかげで倒れた木や枯葉が土にかえるのですから、地球にとっては最も優しい存在だと言えるでしょう。

ただ、家を食べてしまう厄介者であることに変わりはなく、シロアリの被害を受けない工夫をすることは、建築を担うものとしては当然の役割です。

シロアリを害虫として駆除してしまうのではなく、害を未然に防ぎ共存することが地球環境に優しい住まいづくりである・・・というのがオザキ建設の考え方です。

    

   

 

お問い合わせはこちら
 
オザキ建設とは

オザキの家づくり
結露させない家づくり

施工事例

お客様の声

リフォームの
住まい考房

NEWS
オザキヒストリー びおハウス 神沢の家   住まい考房とは イベント情報
価値を積む家という考え方 外張り断熱 新築   リフォームと
リノベーション
ブログ
スタッフ紹介 気密、結露 リフォーム   樹ら楽
経営理念 地熱利用 リノベーション     フリースペース
会社概要 レポート 鈴蘭高原の山荘     建築に関する
いろんな言葉
保証制度 構造のこだわり
(耐震・白蟻対策)
     
プライバシーポリシー        
アクセスマップ 住まいづくりスケジュール        
リンク集(お客様・団体) よくあるご質問        
  お問い合わせ        


  結露させない家づくり・外断熱・地熱住宅なら名古屋の工務店オザキ建設!

OZAKI 株式会社オザキ建設 0120-449-039 資料請求・お問合せ


  〒458-0009 名古屋市緑区平手南2丁目410番地 TEL:052-877-8200 FAX:052-877-8201