びおハウスを知ってね♪
ブログ毎日更新中!
イベント情報♪
フェイスブック始めました♪
外張り断熱

光熱費レポート / 太陽光発電の家

オザキ建設は「結露させない家づくり」にこだわり、外張り断熱工法で「価値を積む家」をつくりました。
そして、オール電化との相性が良い「木の家」ができました。
ご家族と環境にやさしい「省エネ住宅」です。
住まいはどうあるべきか、ご家族と環境のために私たちに何ができるか。
イメージだけで伝えるのではなく、きちんとした実績でお伝えしたくて、
お施主様にご協力をいただき光熱費の実際を調査いたしました。
ここでは、そのレポートの一部をご紹介させていただきます。

知多市・T様邸の場合

T様邸は、堂々とした外観はもちろんのこと、家の中は本当に森の中にいるような錯覚を覚えるほどの大空間!
この空間をこの電気代だけで生活しているのかと思うと本当に驚きです。
電気料金の明細書を資料作成のために見せていただいたのですが、驚いたのは5月!
なんと、電気が余って、電力会社からお金が戻ってきたそうです。
T様邸には、リビングと寝室の下に1台ずつエアコンが設置されています。
冬場は、この2台のエアコンを27℃に設定して交互に作動。
昼はリビング側のエアコン、夜は寝室側のエアコンを付けています。
この2台のエアコンは、家の中の空気を動かすために、1年中どちらかが動いています。

「昨年の夏、あの酷暑と言われた時でも、昼は時々エアコンを入れる程度でしたよ。熱気は天井近くの高いところにたまりますが、夕方にトップライト(天窓)を少し開け、下の窓も開けると、浜風が吹いてきてあっという間に部屋の空気が涼しくなるんです。   風通しがいいんですよね。
日中は1Fで過ごしているので、昼間は本当に暑い日に少しエアコンを入れるだけで、就寝時に3時間ほどエアコンをかけて寝る生活でした。
  春も秋も、送風や除湿などその時に応じた設定で、床下のエアコンは1年中2台が交互に動いています。
でも、暖機運転のような感じなので、電気代は気にならないですね。

上のグラフのオレンジの「電気料金」が下のグラフのオレンジの「電力会社売電料金」と同じです。
太陽光発電によって生まれた電気を電力会社が買ってくれた料金が「太陽光売電料金」です。
この差額が、オレンジの線で表した「電気代」です。

つまり、実際に支払っている電気代は、月平均6,100円ということになります。

「外出先から戻ってきた時、玄関に入った瞬間から、家の中はいつも心地いいですよ。
例えば、冬場、外から帰ってくると、普通、家の中は冷えていますよね。
慌てて暖房機を付けると、その付近は暖まるんですが、家全体が暖かくなるまでは、しばらく時間が必要です。
  温まるまでの間、みんなでストーブやファンヒーターの前に並んだりして(笑)
でも、この家は、帰ってきたときからほんわか暖かいんです。自分ではあまり意識していませんでしたが、先日お友達に言われて、ああそうなんだって感じました(笑)
  光熱費のことを気にしないで生活できるので、とても楽ですね。
すんで9年目になりますが、相変わらずお風呂はからっと乾きます」
と奥様。
遊びにお伺いしたこの日、洗濯物がたくさん部屋干しされていましたが、結露はどこにも見られませんでした。

 

大切なレポート・ご協力いただいた皆さまに感謝の気持ちを込めて・・・

 

 

 

お問い合わせはこちら
 
オザキ建設とは

オザキの家づくり
結露させない家づくり

施工事例

お客様の声

リフォームの
住まい考房

オザキ山荘

NEWS
オザキヒストリー びおハウス モデルハウス
「神沢の家」
  住まい考房とは 山荘レポ イベント情報
価値を積む家という考え方 外張り断熱   リフォームと
リノベーション
  ブログ
スタッフ紹介 気密、結露 新築     樹ら楽
経営理念 地熱利用 リフォーム       フリースペース
会社概要 レポート リノベーション       建築に関する
いろんな言葉
保証制度 構造のこだわり
(耐震・白蟻対策)
       
プライバシーポリシー          
アクセスマップ 住まいづくりスケジュール          
賢匠会(協力業者会) よくあるご質問          
リンク集(お客様・団体) お問い合わせ          


  結露させない家づくり・外断熱・地熱住宅なら名古屋の工務店オザキ建設!

OZAKI 株式会社オザキ建設 0120-449-039 資料請求・お問合せ


  〒458-0044 名古屋市緑区平手南2丁目410番地 TEL:052-877-8200 FAX:052-877-8201