びおハウスを知ってね♪
ブログ毎日更新中!
イベント情報♪
外張り断熱

住まいづくりのスケジュール

オザキ建設で家を建てる時の流れをご紹介します。
それぞれの条件によって細かい点では異なりますが、大まかな流れはそれほど変わりません。
住まいづくりの流れとともに、お客様が行うこと、
ご用意いただくものなどもありますので、参考にしてください。


完成現場見学

完成したばかりの建物をご覧いただけるよう「完成見学会」を開催しています。 また、見学会当日のご都合が合わない方には、個別にもご案内いたしております。 オザキ建設の建物は、完全注文住宅ですので一つとして同じ建物はありません。 写真や図面でイメージするのでなく、実際の現場を色々とご覧いただくことで、 ご自身の好みや、ご家族のライフスタイルにあった間取りが分かってきます。

構造現場見学

完成後は隠れてしまう大切な構造部分をご覧いただきます。そして、構造の状態で気密が保たれていることを「気密のテスト」で体感していただきます。また、工事途中の現場で、実際の職人さんの仕事や現場監理の状態も確認していただきます。

<< チェックポイント!>>

現場がきれいか?

職人さんのマナーは?

3

オーナー様宅訪問

オーナー様のお宅で、オーナー様の生の声を直接聞いていただきます。オザキ建設で建てた経験から、次のようなことを確認していただけるでしょう。他にも気になることがありましたら、どんどんご質問ください。

<< オーナー様へ確認したいポイント!>>

計画中の対応

工事中の対応

実際の住み心地

アフターの対応

3

材料保管倉庫案内

実際の建築に使う材料が、事務所横の倉庫にあります。
ご自身で見て、触れて、実際の材料をご確認ください。

住まいづくり相談

家づくりの考え方や進め方など、分からないことは何でもご相談ください。
地元で培ってきた経験を元に、「やれる」を前提に一緒に考えさせていただきます。

資金計画ご説明

一番大切な資金計画です。家を建てるにはどのくらいの金額が必要か、
過去の施工事例を交えてご説明します。

総予算は自己資金とローン借入可能額の合計で決まります。 自己資金がどのくらいあるのか、意外と把握できていないことがあります。現金で支払わないといけない費用など もありますので、自己資金はしっかりと把握しておきましょう。 ローン借入可能額は、年収と返済可能額から調べた年間返済額と、銀行の事前審査で決まってきます。各金融機関で取り扱っている商品が違うので、いろいろとシュミレーションをしておきましょう。専門家に相談することも大切です。

さらに前へ進めたい貴方へ

「さらに具体的に話を進めたい!」とお考えいただきましたら、お客様のご自宅や、オザキ建設の事務所などで面談する中で、プランを調整したり、資金計画を練り直しながら、想いを一歩ずつ前に進めましょう。

敷地環境調査

住まいづくりをご検討頂いている敷地は、世界でたった一つの敷地です。似たような敷地はあっても、全く同じ敷地はどこにも存在しません。
間違いのない住まいづくりを進めるために、しっかりと敷地環境調査を行います。
※公図・敷地測量図・登記簿謄本の写しなど、ご自宅に資料がありましたら見せていただけるとプラン作成に役立ちます。特に建て替えの時は、既存建物の図面がありましたらお見せいただけると助かります。

方位、地形、接道

法的条件

地盤調査

環境(光・風・プライバシー・借景・臭気・振動・安全性)

ヒアリング

敷地同様、ご家族の皆様は、世界でたった一つのご家族です。似たような家族構成のご家族はあっても、全く同じご家族はどこにも存在しません。また、いつも健康で平和な毎日があるわけでもありません。色々あるのが普通です。だからこそ、「しっかりとお話を聞いてからでなければ、そのご家族のためのプランは作れない」と考えます。でも、初対面の人に、果たしてご家族の全てをお話していただけるでしょうか?よほど「ビビビ!」と来なければ、本音を打ち明けるにはそれなりの時間が必要でしょう。大切な住まいづくりのためのヒアリングです。時間のかかる部分ですが、じっくりと腰を据えてお話をお伺いしたうえでご提案をさせていただきます。

プラン・資金計画のご提案

敷地環境調査やヒアリングなどをもとに、理想の住まいに対するイメージをまとめます。平面図と立面図でファーストプランをご説明させていただき、そのプランをオザキ建設で実現するのにどのくらいの費用が必要になるかを、資金計画でご説明させていただきます。

お申し込み

ファーストプラン・資金計画をもとに、「必要なもの」と「必要でないもの」を絞っていき、 より実現可能なプランに練り上げていきます。また、ある程度固まった時点でお申し込みをいただき、 「お申込金」として一律100円を工事請負代金の一部、又は設計費用としてお預かりいたします。

本設計・本見積着手

仕様など、建物の詳細を打ち合わせ、詳細な図面を作成しお見積書を作っていきます。
すべて完全注文住宅のため、一棟一棟細かく見積もる必要がありますので、 ここではお時間をいただきます。

建築確認申請の手続きも手配ができるように準備を進めてまいります。

工事請負契約に進む前に、再度お支払のスケジュールを確認しておきます。そして、ご契約金のご用意をしておきましょう。ローンをご利用される場合は、融資の申し込みを行います。また融資申し込みには手数料が必要になります。慌てないように事前にチェックしておきましょう。
契約が済むと着工に進みます。仮住まいへのお引越し、電気・ガスの停止・清算。電話の移設も忘れずに行いましょう。

工事の節目で立会・ご確認をお願いしています。
以下☆印がついた時がそのタイミングの参考となります。
ご自身の大切なお住まいです。可能な限り立ち会いをお願いします。
なお、工程の都合によってはその限りではありません。予めご了承いただきますようお願いいたします。

工事請負契約

ご提案させていただいたプラン・資金計画でご納得いただきましたらご契約となります。ご契約後に、今後の工程表をお渡しいたします。住まいづくりはいろいろと決めなければいけないことがありますので、それらをどのタイミングまでに決めなければいけないかも、工程表でご確認いただきます。建築確認申請を行います。同時に、実物に近い形でイメージをつかんでいただくため、3Dパースを作成していきます。外観や内観のイメージ、空間のつながり方などを、この3Dパースで確認していただきます。
また、設備や仕上げなどは、ショールームやオーナー様宅などに足を運んでいただき、実際の物を見て確認をしていただきます。

近隣挨拶・地鎮祭・着工

解体工事・地盤改良工事・擁壁工事など、どのような工事からスタートするかが異なってきますが、
近隣へのご挨拶をしてから着工させていただきます。
地鎮祭は任意ではありますが、その土地の神様に感謝しその後の工事の無事を祈願するようにお勧めしております。
地鎮祭の際に地縄を張って、実際にどの位置に建物を建てるかを決めていきます。

☆位置確認(地縄張り)

基礎工事

家の土台となる大切な工事です。お施主様立会い・確認の
上工事を進めてまいります。
瑕疵保険の配筋検査を行います。

☆配筋確認☆レベル確認

上棟式・中間検査

基礎工事の上に柱が立ち、建物が姿を現します。
いろいろと仕様や設備を決めていくのに、本物の建物はイメージがしやすいので、この頃に決めていただことが多くあります。
また、上棟式の際に棟梁をご紹介しています。

☆上棟

気密測定・電気工事

構造の状態で、気密が保たれていることを確認します。

ご都合が合えば、ぜひ、お施主様に立ち会っていただいております。
電気工事(スイッチ・コンセントなど)の位置を確認していただきます。

☆気密測定☆電気立会

木工事・仕上げ工事

木工事が完了した時点で、お施主様に立ち会いの上、確認をしていただきます。
内外装の仕上げ工事完了しましたら、表示登記の手続きを開始いたします。

☆木工事完了

完成検査

建物が完成しましたら、行政と瑕疵保険の検査を受け、新築場所への住所の移動をしていただきます。さらに、建物の表示登記の手続きを開始いたします。
社内の竣工検査の後、手直しを行い、お施主様立会いで検査を行います。

☆完成検査

清算・登記

契約最終金をご入金いただき、建物がお客様の所有であることを登記します。
この時点で、建物がお客様のものになります。

お引渡し式

お引渡しに際し、右記のものをお渡しします。

検査済証

保証証・取扱説明書

玄関の鍵

メンテナンスブック等

無事建物が完成し、登記を経て抵当権が設定されたのち、融資が実行されます。スムーズに進めるため、完成の1カ月前
より準備を行うと良いでしょう。特に依頼先がお決まりでなければ弊社とお付き合いのある司法書士・家屋調査士に依頼
して進めてまいります。
ローン契約以外にも、引越しの手配、火災保険への加入、近隣へのあいさつ等々、新しい生活をスタートするためにする
べきことが結構あります。大変ではありますが、あとひと踏ん張り頑張りましょう!!

固定資産税額決定

家が完成すると役所から検査員が来て「固定資産税額」が決まります。
不動産取得税の支払い請求が役所から届きます。

アフタ-定期点検・その後のアフター対応

3か月・1年・2年目に、おハガキにてご案内後訪問いたします。
また、それ以外でも住宅で何か困ったことがあれば、なんでもご相談ください。

イベントお誘い♪

お花見・お餅つきなど、イベントにお誘いいたします。
ぜひお気軽に遊びにいらしてください。

ニュースレター「樹ら楽(きらら)」お届け

1月・4月・7月・10月の年4回、ニュースレター「樹ら楽(きらら)」をお届けします。

お問い合わせはこちら