びおハウスを知ってね♪
ブログ毎日更新中!
イベント情報♪
外張り断熱

外張り断熱工法の家

外張り断熱工法の家は、高断熱・高気密です。
暖房については、室内の冷たい空気を暖めるというよりも、建物全体で温まった空気を循環させ、ゆっくりと放出する射熱を活かした暖房なので、穏やかな暖かさが身体の芯まで取り込むことができます。さらには保温性能が高いため、吹抜けや広い空間等どこでも快適さを保つ、ことができます。
本当にしなければならないことは除湿です。

一般的に除湿の手段として機械による強制除湿があります。しかし建物自体が温度変化や不快な湿気を遮断すれば、結露はおこりません。夏期、一般的な住宅で、夜でもエアコンをかけっぱなしにしなければならないのは、壁の中や建物自体が昼間の熱をいつまでも蓄えてしまうからです。そのような家では、壁の中で夏場の結露というウソのような本当の話がおきています。

このようにお話すると、冷暖房をしなければ生活していけない家と誤解されますが、外張り断熱工法の家は、人に厳しい気候には厳しく対処し、過ごしやすい季節には、やさしく自由な暮らし方を満喫させてくれる、とても人間的な空間なのです。 自然を相手に、日射しをコントロールしたり、窓を開閉して爽やかな外気を取り入れたり、季節を感じ、より快適に、より健康的に過ごすパッシブ(受動態)な暮らし方ができます。つまりは無駄の無い、知的な生活ができるということです。

地球的発想のハイブリット・ハウス

熱の伝導、損失を抑えるため、窓には熱の伝わりにくい樹脂と木製の複合フレームとペアガラスを組み合わせた断熱気密性の高いサッシを使用します。
すべての天井、壁はポリスチレン系断熱材ですき間なく完に張り詰めた構造になっています。
無垢材や自然素材の使用は、見た目の美しさからだけではありません。断熱性をとことん考えてのこと、シックハウス対策も万全です。
24時間計画換気システムにより2時間に1回、家全体の空気を計画的に総交換します。計画的(機械的)な換気をするには、気密性能を高め、空気の出入り口(給気と排気)を明確にし、それ以外の部分(隙間)をなくすことが鉄則です。また、冷暖房時の熱ロスを減らし、省エネにも貢献しています。
 

地中の温度は表面より50センチ下には外気に左右されない16℃の温度帯があります。オザキの外張り断熱工法の家はその熱を活かしています。床下を有効に利用することをご提案できるのはその理由です。年間を通じて外気に左右されることが少なく、調湿・集熱・蓄熱・循環のシステムにより熱交換率をトータルに考えコントロールしています。 まさに地球的発想のハイブリット・ハウスです。 以上のような性能をもって結露を未然に防ぎます。 これにより建物そのものの寿命も長くなり、なによりも住まう人の健康的な毎日を確実にバックアップいたします。

お問い合わせはこちら
 
オザキ建設とは

オザキの家づくり
結露させない家づくり

施工事例

お客様の声

リフォームの
住まい考房

オザキ山荘

NEWS
社長ヒストリー びおハウス モデルハウス
「神沢の家」
  住まい考房とは 山荘レポ イベント情報
価値を積む家という考え方 外張り断熱   リフォームと
リノベーション
  ブログ
スタッフ紹介 気密、結露 新築     樹ら楽
経営理念 地熱利用 リフォーム       フリースペース
会社概要 レポート リノベーション       建築に関する
いろんな言葉
保証制度 構造のこだわり
(耐震・白蟻対策)
       
プライバシーポリシー          
アクセスマップ 住まいづくりスケジュール          
賢匠会(協力業者会) よくあるご質問          
リンク集(お客様・団体) お問い合わせ          


  結露させない家づくり・外断熱・地熱住宅なら名古屋の工務店オザキ建設!

OZAKI 株式会社オザキ建設 0120-449-039 資料請求・お問合せ


  〒458-0044 名古屋市緑区平手南2丁目410番地 TEL:052-877-8200 FAX:052-877-8201