びおハウスを知ってね♪
ブログ毎日更新中!
イベント情報♪
外張り断熱

Q & A

換気システムのお手入れ方法と時期は?改修・増築・リノベーションは?

換気システムのお手入れ方法と時期は?高気密住宅って窓を開けても大丈夫?

換気システムのお手入れ方法と時期は?俗に言う「坪単価」はどれくらい?

換気システムのお手入れ方法と時期は?C値(隙間相当面積)は?

換気システムのお手入れ方法と時期は?Q値(熱損失係数)は?

換気システムのお手入れ方法と時期は?オール電化にするメリットは?

換気システムのお手入れ方法と時期は?吹き抜けを設けると寒くない?

換気システムのお手入れ方法と時期は?床下エアコンって・・・家中暖まるの?

換気システムのお手入れ方法と時期は?気密性が高いと中の音は反響しない?

換気システムのお手入れ方法と時期は?耐震性の工夫は?

換気システムのお手入れ方法と時期は?シロアリ対策の工夫は?

換気システムのお手入れ方法と時期は?全く結露しないということ?

換気システムのお手入れ方法と時期は?換気システムのお手入れと時期は?

換気システムのお手入れ方法と時期は?プランをお願いすると費用は?

換気システムのお手入れ方法と時期は?工期はどのくらいかかる?

 

 

Q.小さな改修や、リフォーム・リノベーションもやってもらえるの?

お任せください。

弊社は地場の工務店としてこれまで数多くの方の住まいづくりをお手伝いさせていただいてまいりました。

今でこそ新築が多くなっておりますが、もともとはご近所の改築工事を主にさせていただいておりました。

今後も変わらず地場の工務店として頑張ってまいりますので、「工務店ってなんか敷居が高い」とおっしゃらず、お気軽にご相談ください。しつこい押し売りはいたしませんので、その辺りもご安心いただければと思います。

 

 

Q.高気密住宅って窓を開けても大丈夫?

もちろん大丈夫です。外の環境が良いときは外気を取り入れるため、窓を開けていただくことが理想です。
そして、ジメジメした時や、暑さ・寒さをしのぐには、窓を閉めることで冷暖房や計画換気が外気に左右されない環境をつくります。

 

 

Q.俗に言う「坪単価」はどの位ですか?

皆様当然ご予算がありますので、価格を聞かれることが多くあります。しかし、家の価格を表すのによく耳にする「坪単価」には計算方法の決まりがありません。それぞれで自由に設定しているのが実情です。

また、弊社の住まいづくりでは、俗にいう「坪」に含まれない弊社ならではの空間をご提案いたしております。

そのため、家の価格に関しましては、直接お会いしてお話をお伺いした上で、過去の施工事例などもご覧いただきながら説明させていただいております。ご理解くださいますようお願いいたします。

 

 

Q.C値(隙間相当面積)はいくつですか?

オーナー様立会いのもと気密測定をおこないます。全棟0.5c㎡/㎡ 以下となっており、次世代省エネルギー基準をはるかに上回っております。自社で所有する装置で測定しておりますので、常時測定可能です。

 

 

Q.Q値(熱損失係数)はいくつですか?

屋根・壁・窓など仕様によりことなりますが、 おおよそ 2.1kcal/m2.h.℃(2.4w/2.k)を示しております。
Q値は数値が低いほど断熱効果が高く省エネ性能が高くなります。 (省エネ判断プログラム使用による)

 

 

Q.オール電化にするメリットは?

外張り断熱工法は外気温に左右されにくいので、冷暖房を抑えることができます。

オール電化による時間帯別契約が深夜電力の有効利用でさらに経済的です。
また、災害時のライフラインの復旧も早く、火事など事故の防止にも役立ちます。

 

 

Q.吹き抜けを設けると寒くないですか?

建物全体が1つの部屋という考え方なので、温度差がほとんどないため、吹き抜けが悪く影響することはありません。逆に、 吹き抜けを造ることにより、1階と2階のフロアが1つにつながり、広さを感じることができます。
また、冬場の日差しを部屋の奥まで効果的に取り込んでくれますし、空気を循環させるにも効果的です。

 

 

Q.床下のエアコンってどんなエアコンを入れるの? それで家中暖まるの?

床下のエアコンは、一般的によく使われている普通のルームエアコンをご提案しています。自動お掃除機能が付いたタイプのものがおススメです。このエアコンで床下の空気を暖め、その熱で建物全体を暖めます。

この方法は、部屋をすぐに暖める暖房とは違います。 各部屋で暖房するのとは違い、1台を連続して運転することにより建物全体に熱を蓄える、いわば輻射熱的暖房です。

 

 

Q.気密性が高いと、中の音は反響しませんか?

一般的な住宅に比べ外に音が逃げない分、中の音が多少大きく感じます。
内装の仕上げや、カーテン・家具などによりやわらげられますので問題になることはないと思われます。
また、雨の音や車の音など、外の騒音はほとんど気になりません。

 

 

Q.耐震性はどんな工夫がしてありますか?

建築基準法による壁量の1.5倍から2.0倍の筋交を配置しております。
さらにプラスして外壁面及び2階の床は全面構造用合板による面構造とし、構造補強をおこなっております。

建物を腐らせないことや基礎や地盤をしっかりつくることが重要です。 詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

 

Q.シロアリ対策はどんな工夫がしてありますか?

シロアリの通り道を蟻道(ぎどう)といいます。直接空気に触れない土や木の中はそのまま進んでいきますが、風や光に触れ続けていると死んでしまうという性質があるので、外気に触れるような場合は土や砂でトンネルを作って進みます。

この対策として、現在弊社では、基礎の外断熱の上部に「蟻返し」を施工しております。

(「蟻返し」の具体的な施工方法は、施工途中の現場や弊社にてご説明いたします)
この方法は、シロアリの生態に詳しい専門家からも「有効な手段です」という評価をいただいております。

シロアリは、私たちの身近な土の中に当たり前に生息しており、枯れた木を食べて分解し土に戻すという役目を担っている益虫です。駆除してしまうのではなく、害を未然に防ぎ共存することが地球環境に優しい住まいづくりである…というのがオザキ建設の考え方です。詳しくはこちらのページをご覧ください。

 

 

Q.全く結露しないということ?

オザキ建設では、「結露させない家づくり」が標準仕様です。お風呂も結露させないようなつくり方をします。

とはいえ、「結露」はとても難しい存在で、手強い「夏場の逆転結露」があったり、使い方(計画換気の計画が崩れてしまう等)によっては結露してしまう場合もあります。「結露させない家づくり」がされているとご理解ください。

 

 

Q.換気システムのお手入れ方法と時期は?

お手入れは給気口と排気口のフィルターの掃除が必要不可欠です。
汚れたままですと、換気性能の低下に関わります 。 目安は半年~1年に1回の掃除をおすすめします。

 

 

Q.プランをお願いすると費用はかかりますか?

敷地形状や概要を確認させていただき、資金計画に基づいた基本プランを無料でご提案させていただきます。
具体的な敷地調査、本設計や詳細のお見積は「お申込金」をお預かりしてからのスタートとなります。

 

 

Q.工期はどれくらいかかりますか?

工期(基礎工事から竣工まで)は5ヶ月を目安としてください。
立地条件やその他付帯工事、プランの内容によっては異なります。

お問い合わせはこちら